読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほそくながく

鍵盤楽器を演奏します。

演奏にマイナスの言葉を頂いた時に身体からアプローチ

プロアマ関係なく、演奏をしていると、お客様や先生や審査員などから「すごいね」「とても良かったよ」のような褒め言葉や感嘆の言葉をいただくこともあれば、批判だったり、注意だったり、バカにされたり、いわばマイナスよりの言葉をいただくこともあるはずです。

 

演奏行為というのは、どうしても奏者のパーソナルな部分が露出しがちなので、マイナスよりの言葉に、時には、全人格が否定されたようなショックを受けることもあるかと思います。

 

そういった、指摘、注意、批判、には

1,奏者のことが好きでない、奏者のことを支配したい、認めない、優位に立ちたい、バカにしている、嫉妬している気持ちから発した。

2,音楽を愛する気持ちから指摘や批判を発したが、言葉選びが下手だったり、性格がもともと短気だったりして、キツイ言い方になった。あるいは奏者側に様々な事情があり過剰反応した。

 

の、2パターンがあると思いますが、どちらかに完全に分類できるわけはなく、一つの発言の中に1と2の気持ちや状況が混在してる複雑なケースも結構多いんじゃないでしょうか。これは褒め言葉にもいえるような気がします。

 

奏者が「音楽が好きで、自分の音やステージについて自分で考えて、責任を持とうと努力する」スタンスがあれば、批判的な言葉の中でも、特に2番の要素についてはそのうちに腑に落ちて自分なりに受け入れたり参考にする部分と聞き流す部分を判断できたりしてくると思います。時間が解決してくれるといったところか。いつしか1番の要素の言葉の中からも(反面教師だったり様々な形で)学べるものを見つけられる時もくるかもしれません。

 

とはいえ。。

 

1番の要素って、破壊的な威力があるものなんですよね。そういうものを受けてしまったらそのショックをどうするか。。

 

さて、私が子供の頃お世話になっていた先生は、世界情勢や災害や時代の波を多数経験し、まさに壮絶な人生を歩まれていた方ですが、あるときおっしゃっていたことがありました。

 

「不幸や不運のようなものはね、空からじーっと人々を見ていて、背中を狙ってくるの。だから、どんなにつらいときでも、すっと背筋を伸ばして、前を向いて、へっちゃらみたいにして歩くのよ」

 

と。

 

ステージに上がる時、練習の時さえもですが、肩をあげて、猫背になって、胸が狭くなると、呼吸も浅くなる。ダメージも引きずる。これではよろしくない。おそらく伸びやかな演奏はできないし、失敗しがちになる。そして、間違えたりなどのトラブル時に素早く適切な対処や立て直しもできない。

 

自信がなくても、ビビってても、肩を落とすようにして、胸を開く感じで(言葉での説明って難しい)、前方を見て。意識してちょっとだけ上方を見たりもする。ピアノを弾くときだけじゃなく、日常でも時々取り入れたらいいかな。歩いてる時とかは足元にも注意ですけれど。

 

気持ちを気持ちで立て直そうとするのは実は困難なこと。気持ちは身体に影響するから、逆に身体からアプローチする。腹が立っていたり、悲しかったり、自信なくしてたり、イライラしててもいい。でも、身体の体勢だけは。指の先まで優雅に振舞ってみたり。

 

さらに、その効用ですが。。

 

まず書いておきたいのは、腹が立ったり悲しかったりする気持ちは、信頼できる誰か、に打ち明けて聞いてもらうことはとっても大切と思うということ。一方で、見境なくあちこちに言い「すぎ」たり、相手を攻撃するような言い方をし「すぎ」ると、自分が損することもあるかもしれないんですよね。「この人の演奏は、ここをこうしたらものすごくよくなると思うけど、指摘したら騒がれそうだから、言うのやめとこ。」という事態になる恐れとか。。(これって、指導に現場でよく聞く話な気がする。。)

 

その辺りを加味しながら、打ち明けて、気持ちを落ち着かせていけばいいんだけど、そういうことにも、身体からのアプローチってすごく効く気がするんです。丸まって、胸を閉じて、変な上目遣いになって周囲をみてる感じになると判断が狂いやすい気がする。それよりも、先生のアドバイスのように振る舞う。。

 

まあ、難しいですけどね。。ワタシも失敗だらけでござるよ。自己反省のためにも書いとるんです。。

 

そんな訳で、気持ちはぐしゃぐしゃでもいいから、身体からアプローチ、の、話でした。